君と筆とギターと猫と。

仕事の関係で宮古島生活スタート。ブログはじめます。どうぞよろしくお願いします。

おきなわ新喜劇

 

ブログ63日目。

 

昨日更新するの忘れていた。

 

 

昨日は宮古島のマティダ市民劇場で行われたおきなわ新喜劇を観てきた。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180122233439j:image

 

 

 

おきなわ新喜劇は、那覇のハピナハにおきなわ花月があった時に何度か観に行ったことがある。

 

その時に、テレビで観るのと生で観るお笑いの違いを知った。もちろん生で観る方が数百倍面白かった。

 

 

で、今回宮古島にツアーでくるということをポスターで知り、楽しみにして行ってきた。

 

 

内容は、やっぱり大満足だった。

 

新喜劇前のネタのコーナーの時点で笑いまくった。生で観るお笑いは、笑う時に涙も一緒に出てくるから不思議だ。

 

 

笑いたいのか泣きたいのかわからないぐらい不思議な気分になる。

 

 

ライブならではのアドリブも最高だった。

 

 

人を笑わせるって、やっぱりすごいと思った。

 

 

ここの会場に来ている人たち、みんなみんな笑いに来ているんだなって思うと、なんだかお客さんと演者を含めてすごい集団だなと思った。

 

 

あと約2ヶ月、宮古島でたくさんたくさん思い出を作ろうと思う。

 

 

何年か後に宮古島に旅行にでも来た時、懐かしいなーって涙を流せるぐらい、いろんな場所に思い出を埋めていこうと思う。

 

 

大寒?

 

ブログ62日目。

 

 

今日の宮古島は晴れていていい天気だった。

 

日差しもあって昼は暑かった。

 

 

伊良部島に行ってきた。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180120232935j:image

 

 

三角点。

 

 

崖の上から見下ろすこの海の色は、表現が汚いが、ヤバイ。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180120233037j:image

 

 

 

ヤバイ。

 

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180120233113j:image

 

 

なんか、地球を見ているぞ!って感じかな。

 

グラデーションがすごいね。

 

 

 

 

風邪を引いた。

 

翌朝には治っていますように。

 

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180120233236j:image

 

 

 

ヤギ。

ふたご

 

ブログ61日目。

 

 


今日は藤崎彩織『ふたご』を読み終えた。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180120001547j:image

 

 

昨日図書館で借りて、2日で読めた。

 

 

それぐらい魅力的な内容と読みやすい文章だった。そして、少しずつ自分の本を読むペースが上がってきているように感じる。嬉しい楽しい、嬉しい。

 

 

直木賞候補に入った、セカオワのメンバーが書いた小説」という情報だけ知っていて、あとは予備知識なしで読んだ。

 

 

ふたご…本当の双子ではなく、お互いをふたごのように思い合っている?夏子さんと月島くんのお話。

 

いつも一緒にいて、月島のマイペースにどんどん巻き込まれていく夏子さん。月島のことを煙たがることも多々あるが、切り離したことに後悔し、結局は人生をかけて支えていくようになる。

 

 

 

前半、おいおい月島くん大丈夫か?ぐらっぐらになっていくね…という感じ。

 

 

後半、え?月島がバンド結成?しかも死ぬ気でやっていく?ん、メンバー構成なんかセカオワに似ている気が…

 

DJも最後に入れるね。。

 

 

え、これって自伝?

 

 

 

読み終えたあと、どうしても気になったのでいろいろ調べてみた。そしてセカオワウィキペディアにバンド結成の経歴があったので見てみると、さっき本で読んだ内容と酷似している箇所が多々あり…。

 

 

ウィキペディアに載っているということは、ファンからしたら常識的なバンドの歴史と、本の内容がほぼ一致していた。

 


なるほど、この本はサオリとフカセの思い出、そしてSEKAI NO OWARIがデビューするまでのサクセスストーリーだったのね!という感想に落ち着いた。

 

 

 

ただ、バンドをしている人には特にオススメしたいと思った。

 

 

バンドとは何か?バンドメンバーとは何か?曲作りとは何か?その苦しみ苦しみ楽しみがリアルに描かれていた。

 

 

夏子が「必死」に歌詞を書き続けるシーンが特に印象に残った。

 

 

そして、後書きも印象的だった。

 


僕もいつか小説書いてみたいと思った。

 

 

 

 

 

死ぬほど読書

 

ブログ60日目。

 

 

今日はまた一冊本を読み終えることができた。

 

 

丹羽宇一郎著『死ぬほど読書』

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180118215558j:image

 

 

この本はタイトルからとても気になっていて、読みたいなーと思っていたら図書館にちょうどあったからすぐに借りて読んだ。

 

 

トータル1週間以内には読めたと思う。

 

 

始めと最後は興味のある内容で面白く読めたけど、真ん中のほうは筆者が読んだ本の説明が多くて少し読むのが辛かった。

 

だって結局難しい本読んでいるんだもん。

 

外国人の書いた古典的なビジネス書なんて読んでいるんだもん。

 

俺には無理だよそんな難しそうな本。

 

 

最後の方で、読書は心のシワを増やしてくれるって書いてあった。

 

 

今まで読書なんてろくにせずにここまできたから、これからは死ぬほど読書をして生まれ変わりたい。

 

今でも幸せだけど、読書をすることでいろいろなことを考えられるようになりたいし、視野を広げたいし、人生をさらに豊かにしたい。そんな願望がある。

 

 

読書ってそんなにいいものかー?って今でも疑問だけど、信じてとにかく読みまくってみる。

 

 

少しずつ本に向かう時間が増えてきた。苦にならなくなってきた。自分じゃないみたいで、少しずつ変わっている気がして、嬉しいんだよ。

 

 

 

それにしても雨が降って空気がジメジメしてたまらなく嫌だ。

 

 

からっと寒いほうが毛布にくるまって気持ちよく眠れるよ。

 

 

 

 

君たちは どう生きるか

 

ブログ59日目。

 

 

今年の目標の一つに、「1年で本を50冊以上読む」というのがある。

 

 

そして今日、記念すべき?今年1冊目を読み終えた。

 

吉野源三郎著『君たちはどう生きるか

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180117204240j:image

 

 

前からずっと気になっていた本で、最近ネットニュースで「100万部突破」ってあったから、これはすぐに読みたい!と思って、即購入して読んだ。

 

マンガだからさらっと読めると思いきや、手紙風なところが各章の最後にあり、その文章がまぁなかなか長いし内容濃いし。

 

理解するのに時間かかって、思ったよりも時間がかかった。

 

 

買ってよかった。勉強になった。

 

1回目は読みきった喜びに浸ったけど、これからまた何度も読むうちに理解を深めていきたいと思う。

 

 

おじさんからのメッセージは深いわ〜。

 

 

 

最近少しずつ本を読むのが楽しくなってきた。

 

 

今やっている読書法だけど、俺は一度に一冊の本を読み切るよりも何冊かを同時に読み進めていったほうが飽きずに疲れずに読める気がする。

 

 

この調子でどんどんインプットしていければいいな。

 

 

書道もしたくなってきた。

 

 

 

ジャズィーミャーク

 

ブログ58日目。

 

 

昨日行ったドームフェスタで、ハマった。

 

 

 SAKISHIMA meeting。

 

さっそく昨日聴いた中で印象に残った曲を買った。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180115232853p:image

 

めちゃくちゃかっこいい。

 

 

特に、下地勇さん。現、下地イサムさん。

 

 

ハマった。宮古島方言で早口に詰め込みまくる歌い方が、かっこよすぎる。まるでフランス語を聴いているかぐらいのクセの強さ。たまらない。

 

 

知っている人からしたら、何だお前今さらかよって思われるかもしれないけど、魅力にハマるのはそれぞれのタイミングだから許してよ。

 

 

宮古方言で歌を歌うミュージシャンとは前々から知っていたが、生のライブを観るのは昨日が初めてで、そのスタイリッシュでダンディーな出で立ちとギタープレイと歌に一瞬で惚れた。

 

 

昨日演奏していた「ジャズィー・ミャーク」

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180115233147p:image

 

 

これはシビれるほどカッコよかった。

 

 

いつか歌えるようになりたい。たぶん無理だはず。

 

全文宮古島方言。でも本当にフランス語に聞こえる。

 

聴いていてすごすぎて笑ってしまう。

 

 

唯一無二の存在だと思う。

 

 

 

知ることができて嬉しい。ありがとうございます。

 

 

音のシャワーを浴びてきた

 

ブログ57日目。

 

今日は昼からこちらへ。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180114222942j:image

 

 

こんなに素晴らしいミュージシャンを、2500円という破格の値段で見られるという有り難さ。

 

 

宮古島に住んでいて良かったと思える一日だった。

 

 

今日は天気も良く、ポカポカ陽気だった。

 

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180114223703j:image

 

 

 

昼からビールも飲んだ。

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20180114223637j:image

 

 

このイベントで特に観たかったミュージシャンは、ディアマンテス、宮沢さん、きいやま商店、THE SAKISHIMA meetingだった。

 

結果、お目当ての皆様をすべて最前列で見ることができた。

 

 

前の方で見られるかなと心配していたけど、そんな心配はいらなかった。

 

観光客らしき人たちは自分たちのお目当てのミュージシャンの時だけ前に来て、終わったらすぐ前からはけて行くし、地元の人たちは年配の方やファミリーが多く、みんな後ろの方で座って見ていたから、前のスタンディングゾーンはガラッガラだった。

 

これも宮古島の良さだと思った。ラッキーだった。

 

 

こんなにストレスを感じないフェスは初めてだった。

 

 

スタートの13時から行って終了の20時まで、たくさんたくさん良い音楽を浴びてきた。

 

 

音楽って、人と人とが奏で合うものなんだなーとか、生の演奏を聴ける贅沢さを改めて感じた。

 

 

 

でも一つだけイライラしたことが。

 

大トリの宮沢さんの時、前列の人たち、堂々と写真撮ったり動画撮ったり…。え?

 

ライブ会場は撮影禁止って司会からも強く言っていたよね?

 

なんでマナーを守らない?

 

こういうのって1人が平気でやり出すと周りもつられてくるじゃんか。

 

自分だけはいいという考えが周りに連鎖して、お客さん全体のマナーが崩れてくるし、ちゃんとマナー守っている人たちがアホみたいになるじゃんか。

 

勝手に写真や動画を撮った人たちは、きっとファンではないただのミーハーなんだろう。

 

本当に応援しているならそんないけないことはしないはずだ。

 

 

なーんてね。

 

 

愚痴っぽくなった。ま、いいか。独り言のブログだし。