君と筆とギターと猫と。

三十路の平凡なヤングおじさんが、人生初の100日ブログに挑戦します。どうぞよろしくお願いします。

ノスタルジーに浸る時

 

f:id:tomohiro-apr29:20170119222700j:image

 

懐かしいです。ミニ四駆

 

今日、たまたまマンガ倉庫で見かけて「お!懐かしっ!」と思い手に取り、買っちゃいました。

 

大人買いです。

 

そして満足した気持ちで家に持ち帰り、そのまま組み立てることはありませんでした。ちーん

 

 

また気が向いたら組み立てるさ♩

 

 

でも、ミニ四駆本当に懐かしいなーー

 

小学校の頃だったな〜

 

コロコロコミックっていうマンガ雑誌に「レッツ&ゴー」っていうミニ四駆マンガが連載されて、烈と豪の兄弟がいろんなミニ四駆の大会に出て、いろんなライバルが出てきて、大会のミニ四駆が走るコースがすごすぎだったのを覚えている。

 

「いっけー!マグナーム!」って叫んだら、本当にミニ四駆がスピードを上げて走るっていう、小学生でも疑問を感じながら読んでたな。

 

 

さて、今夜は夏の公募展に向けて早々に作品づくりをしています。

 

時間があるほうがいろいろと試せるので、まずは第一段階

 

詩文を二つ探して、草稿を書きました。

 

f:id:tomohiro-apr29:20170119223516j:image

 

 

今回も、楷書で挑戦しようと思います。

 

そして、時代は北魏時代にして。

 

この草稿を書き上げるまでにも、けっこう時間がかかりました。

 

というのも、詩文の文字をすべて北魏時代の字形に直さなければいけないので、一文字ずつすべて字典で調べました。

 

この字調べが一番時間がかかり、面倒くさい。でも、一番大事なことなのです。

 

公募展では、誤字脱字が一つでもあると落選するので、字調べは慎重にしなければならないのです。

 

面倒なことが、一番大切なのだ。

 

 

さて、ではこれからでっかい紙に書いてみます!

 

それではまた!