読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君と筆とギターと猫と。

三十路の平凡なヤングおじさんが、人生初の100日ブログに挑戦します。どうぞよろしくお願いします。

音楽漬け漬け漬け漬け

 

昨日はブログを書くことができませんでした。

 

 

でも、昨日はうっかり書くのを忘れていたわけではなく、0時前までに書くことがどうしてもできなかったのです。

 

 

タイトルの通り、昨日はこれでもかというほど音楽漬けの一日でした。

 

 

 

時系列で書くと、

 

 

13時から、道の駅かでなの週末市というイベントで、僕自身のライブがありました。

 

与えられた30分間、オリジナル曲含む6曲を全力で演奏しました。この時点ですでにヘトヘトになりました。

 

 

 

18時からは、母が所属する混声合唱団の定期演奏会に行ってきました。

 

 

合唱のレベルの高さにも感動したし、選曲も素晴らしい歌が多く、いい刺激をもらいました。

 

 

年齢層は高めの方々でしたが、この日のためにコツコツと練習を重ねてきたのだと思うと、人の持つエネルギーって本当にすごいなと感動しました。

 

 

「歌」っていいな、と改めて思いました。

 

 

 

そして21時からは、沖縄市にあるライブハウスジグザグへ。

 

 

音楽仲間のそうすけ、しげゆき、そしてそして初めて拝見します竹原ピストルさんのライブでした。

 

 

そうすけは、僕にはない感性を持っているので、彼の感覚はとても魅力的だし、曲もかっこいいものばかりです。

 

 

持っている世界観は違うけど、音楽に対する熱量は同じものを持っていると勝手に思っているので、近いうちまた酒を飲みながら本音で語り合いたいです。

 

 

昨日のライブも、たくさんのお客さんの圧に負けないぐらいの、思い切りのいい気持ちいい演奏でした。

 

 

 

しげゆきは、ライブの構成についてとてもよく考えているなという印象があって、歌を聴かせながらも、エンターテイメントでお客さんを楽しませたいという気持ちが見えるステージでした。

 

 

彼とは10年ぐらいの付き合いになって、様々なしげゆきの移り変わりを見ているつもりだけれど、しげゆきはまだ自分を探しているのかな?

 

 

僕の思いとしては、「迷いながらも変わり続けていくこと」こそ、まるごと全部含めて「自分らしさ」なのかなと思います。

 

 

とにかく、しげゆきもよかった。

 

 

そうすけとしげゆきの曲は、ぜひカバーして自分のライブで歌いたいと思います。

 

 

 

そしてそして、初めて拝見する竹原ピストルさんのステージ。

 

 

これは事細かに書いてしまうと野暮ったくなりそうなので、というか濃厚な衝撃を食らい過ぎて、感想がまとまらないだけなんだけど、竹原ピストルさんの感想は、

 

 

 

リアリティ、等身大、無骨、旅人、歌うたい、魂の叫び、汗、命懸け、素直、感受性豊か、歌詞の秀逸さ、義理人情、人間臭さ、図太いヤリで心を突き刺してくるようなエネルギー

 

 

という、ことですかね。

 

 

 

特に竹原ピストルさんが和訳して歌っていた「アメイジンググレイス」では、僕は涙が止まりませんでした。

 

 

「人を愛する」ということを、「愛」とか「大切」とかそんな直接的な言葉を一切使わずに、しかしそれ以上に「愛」ということを表現している歌詞でした。

 

 

僕が今まで聴いてきたラブソングの中で、だんとつに一番の歌になりました。

 

 

 

まだ聴いたことの方は、ぜひ聴いてみてください。

 

 

キーワードは、「ミジンコ」です。

 

 

 

 

そんな竹原ピストルさん、全17曲、約1時間半のステージが終わった時には、すでに0時を回っていました。

 

 

時間を忘れるとはこのことかと実感したライブでした。

 

 

 

最後は打ち上げにまで参加させていただいて、ありがたくもピストルさんとお話することもでき、夢のような時間でした。

 

 

僕の話にもうんうんとしっかり耳を傾けてくれたピストルさん、第一線で活躍されている方なのに、それを全く感じさせない等身大で謙虚な姿に、すぐに好きになりました。

 

 

 

昨夜のジグザグは、すべての垣根を取っ払ってただの「人」と「人」になって酒を飲み交わした、最高な夜でした。

 

 

 

 

次は、僕もピストルさんと同じステージに立てるように音楽に夢中になっていきたいと思います。

 

 

 

f:id:tomohiro-apr29:20170226123532j:image